当事務所は、ファイナンシャルプランナー(CFP)および米国公認会計士として行動するに当たり遵守すべき基本原則に則り
事業を行っています。 


基本原則とは、自身の利益ではなく顧客の利益を優先し、広く社会において信頼されるための最低限の行動原則です。 

1.特定非営利法人 日本ファイナンシャルプランナーズ協会 会員倫理規定

  • 第一条 会員は、順法精神に基づき、顧客の最善の利益を追求しなければならない。
  • 第二条 会員は、顧客に対して、その業務の適正、公平さを保つために必要なすべての情報を開示したうえで、
        専門家としての業務を公平かつ道理に適った方法で提供しなければならない。
  • 第三条 会員は、利益相反事項がある場合は、これを顧客に開示しなければならない。
  • 第四条 会員は、ファイナンシャル・プランニングについて常に専門知識、技能、能力の向上に努めなければならない。
  • 第五条 会員は、ファイナンシャル・プランニングの業務上知り得た顧客の秘密を守り、節度のある行動をとらなければ
        ならない。
  • 第六条 会員は、ファイナンシャル・プランニングの業務に誇りと責任をもち、専門家としての業務を誠実に提供しなければ
        ならない。
  • 第七条 会員は、誤った、あるいは誤解を招く方法で顧客を勧誘してはならない。
  • 第八条 会員は、自己が協会の見解を代弁しているとの印象を顧客に与えてはならない。
  • 第九条 会員は、自己の業務について協会が責任をもつような印象を顧客に与えてはならず、自己の業務は自己の責任において
        実行していることを自覚し、かつ顧客に対してもその旨を伝えなければならない。
  • 第十条 会員は、協会若しくは他の会員の信用を傷つけ、又は協会若しくは他の会員の不名誉となるような行為をしては
        ならない。
  • 第十一条 会員は、協会が定めた費用等の負担金を協会に支払わなければならない。
  • 第十二条 会員は、資格・認可が必要とされる業務については、法の定める資格・認可を得ることなく、かかる業務を行っては
         ならない。
  • 第十三条 会員は、本規程その他の協会の規程・細則等を誠実に順守し、協会の発展及び他の会員との協調に努めなければ
         ならない。

2.American Institute of Certified Public Accountant (AICPA) Code of Professional Conductの各基本原則

Responsibilities, The Public Interest, Integrity, Objectivity and Independence, Due Care, Scope and Nature of Services